忍者ブログ
東日本大震災で被災しました。PCが壊れ、ビルダーも壊れた為、サイトは書庫化しています。
[1114]  [1113]  [1112]  [1111]  [1110]  [1109]  [1108]  [1107]  [1106]  [1105]  [1104
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

これ、なーんだ?



味噌?味噌じゃないわよー。ジャムですよ、ジャム。
ドライアプリコットを使ってジャムを作ってみました。
ウチではヨーグルトにジャムが定番なので、切れるととっても哀しい。
中華街で大量購入してきたドライフルーツを使ってみましたが、かなりイイ感じでしたよ(見た目はこんなだけど^^;)
アプリコットの味が、すごーく濃厚なジャムです。


【ドライアプリコットで作るジャム】

ドライアプリコット 270グラム(中途半端な量ですが、1袋270グラム売りだったので^^;)
グラニュー糖 50グラム
レモン汁 2分の1個(大さじ約2杯)
白ワイン 50ml(ジュレを多くしたい時はもう少し多めでもイイかも)

1 ドライアプリコットはぬるま湯で洗って、黒い部分(多分ヘタだと思う。固いの)を取り除き、ヒタヒタの水に浸して、時々水を替えながら6時間から半日ほど放置。戻す時間が短いと、固い部分が残るので注意。初回はぬるま湯に浸しちゃうのも手(^^;

2 水気を切ったアプリコット(柔らかくなってヌルヌル~)を、親指の爪くらいの大きさにカット。

3 ホーロー鍋にアプリコットを入れて、グラニュー糖とレモン汁を入れ、グラニュー糖が溶けるまでしばし放置。

4 中火で煮詰めます。フレッシュフルーツと違って水気が少ないので、コゲつかないように時々弱火に落として、ずーっと木杓子で混ぜ混ぜ。あっと言う間にトロンとして来るので、鍋から離れないでね。

5 トロッとして来たら白ワインを入れて強火に掛け、混ぜながらひと煮立ちさせたら出来上がり。冷めるとかなりドロッと言う感じに変化するので、早めに火を止めた方がイイかもしれません。


途中で味を見て、お好みでグラニュー糖を足して下さい。
ウチでは甘さ控えめがセオリーですが、アプリコットは酸味があるフルーツなので、もっと甘くてもイイかも。
本来ならば、フルーツ2:グラニュー糖1の割合ですが、ウチではグラニュー糖はいつも二割程度。控えめどころか、控えまくり?(^^;
フレッシュフルーツが手に入りにくい冬の間は、ドライフルーツでジャム作りってのもイイ感じですねv
と言うわけで、今度はアプリコット、イチジク、レーズン、ナツメを水に浸して、ミックスジャムを作ろうとしているところ。
オレンジ色がアプリコット、白くて大きいのはイチジク、丸っこい赤い実はナツメです。ちっこい粒はレーズンね。全部ドライフルーツです。



ちょっとだけジャムを作るのはコゲついちゃって難しいので、ある程度の量が必要です。本当は500グラム以上あった方が作りやすい。
なので作るとなると、我が家の分、実家の分、ジャム好きな友人達の分と、瓶にして4個くらい出来上がっちゃう。
イチジクは好評で何度も作りましたが、今度のアプリコットジャムはどーでしょうね。母は喜んでくれるかな?
よーく比べて見てみると、市販のジャムは、ジュレ(ゼリー。果汁と水と砂糖とぺプチンで作ります)の分量がかなり多いような気がします。
水無しで煮詰めて作る手作りジャムは、ジュレが少ないから濃厚な味わいになるのでしょうね。

拍手[0回]

PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
TRACKBACK
trackbackURL:
プロフィール
HN:
あびこふぉるて
HP:
性別:
女性
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[12/03 ふぉるて]
[12/02 かなめ]
[11/19 ふぉるて]
[11/19 なのはな]
[06/28 ふぉるて]
ブログ内検索
バーコード
忍者アナライズ
フリーエリア
フリーエリア
Copyright © 雑記帳 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]