忍者ブログ
東日本大震災で被災しました。PCが壊れ、ビルダーも壊れた為、サイトは書庫化しています。
[943]  [942]  [941]  [940]  [939]  [938]  [937]  [936]  [935]  [934]  [933
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日の夜8時頃に近所の友人から電話があり、「ふき食べる?」
食べるとも。なんだって食べるともさー。
速攻でやって来た友人から、長さ1メートルはありそうな太くて長いふきを一握り頂いた。
今回は残念ながら葉っぱはついていない。塩漬けにしたら美味いのに。ジュル…
鮮度が命の春の山菜。即座に下処理を始める。

まずは板ずりだが、大鍋もないことだし、長さ15センチほどにカットして、天然塩をふりかけてズリズリズリ。
それだけでふき独特のあの匂いが台所一杯に立ち上る。
別に板ずりしなくても良いらしいが、この香りを嗅ぎたくて、ついやってしまうのだ。
沸騰したお湯に放り込んで待つこと4分。
その後、水道水にさらして水を変えること2回。
よーく冷えたふきは、皮が剥がれやすくなっている。
この皮むきがね、皆さんもそうだと思うけど面倒なのよね。
皮剥いてるんだか筋を剥がしてるんだか分からなくなるのよね(^^;
ああ、我が家にお猿さんがいたら良かったのに(^^;
でもここまで来たら地道にやるしかない。
バナナの皮を剥くように、ぐるっと一周して半分の長さまで剥いたら、ひとまとめにして一気に引き剥がす。
指先が痛くなってくるし、手は思い切りふき臭くなる。
それでも黙々と皮を剥き続け、ようやく全てのふきがツルンと可愛い緑色になった頃には、てのひらが攣りそうになっていた。

ふきと言えば煮物が定番メニューだが、せっかくの新鮮なふきだ。
まずは簡単ナムルにして食べちゃおう。
早速、剥きたてのふきを斜め薄切りにし、ポン酢をかけて冷蔵庫に。
上がってきた水気を捨てて、もう一度ポン酢をかけて、ゴマ油もかけ、鷹の爪はないので省略し、すりゴマを振って頂いたが、美味いーっ。
そう言や最近すりゴマ器の調子が悪い。あまり上手に擦れずにツブが混じる。一度分解掃除してみようか。
それはともかく、茹でたてのふきのシャキシャキ感と香りが堪らない一品であった。思わず冷酒が欲しくなる。
子どもの頃は何が美味しいんだかさっぱり分からなかったふきだが、うーむ、ワタクシも大人になったもんだね。

拍手[0回]

PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
TRACKBACK
trackbackURL:
プロフィール
HN:
あびこふぉるて
HP:
性別:
女性
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[12/03 ふぉるて]
[12/02 かなめ]
[11/19 ふぉるて]
[11/19 なのはな]
[06/28 ふぉるて]
ブログ内検索
バーコード
忍者アナライズ
フリーエリア
フリーエリア
Copyright © 雑記帳 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]